暴落を利益に変えることができるたった1つのビットコイン購入方法

ビットコイン購入方法の解説

ビットコイン購入方法はドルコスト平均法がベスト

ドルコスト平均法はビットコインの最高の購入方法といえます。

ドルコスト平均法を隅々まで理解すると、既にビットコインを購入して残念ながら含み損を抱えている人にとっての挽回策になることもわかります。

これから始める人だけでなく、ぜひ既にビットコインに投資している人もご覧ください。

さっそくですが、ドルコスト平均法について「りんご」に例えてわかりやすく説明します。

まとめ買いをせず、毎月一定額を買い付け

私は今、100円のりんごを3,000円分買うことにしました。

まとめ買いをしたので30個持っています。

一方、あなたは毎月1,000円3ヶ月で合計3,000円分のりんごを買うことにしました。

今月はりんごの値段が100円なので10個買いました。

翌月は200円に値上がりしていたので5個。

翌々月は50円に値下がりしていたので20個。

合計35個。

あなたは、まとめ買いをした私よりも5個多く買えたわけです。

ビットコイン購入方法であるドルコスト平均法の説明

そして私たちはお店を開いて、1個90円で全部売りました。

私は300円の損。

しかしあなたは150円の儲け。

このように、価格が高いときは少ない量を買い付け、逆に安いときはたくさんの量を買い付けて平均購入単価を下げる方法を「ドルコスト平均法」といいます。

ビットコインもりんごと同じ購入方法で!

ビットコインもドルコスト平均法を用いることで、価格が高いときは少しだけ買い、価格が安いときはたくさん買うことで平均購入単価を引き下げることができます。

つまり、すでにビットコインを購入して含み損が生じている人も、新たに積立をすることで全体の平均購入単価を下げることができるのです。

(積立は初心者のもの)

多くの人がそのように考えているようですが、決してそのようなことはありません。

積立でもザクザク儲けることができますし、投資経験豊富な人も取り入れている合理的な購入方法なのです。

これから始める人も、

すでにビットコインを持っている人も、

平均購入単価を下げつつ継続的にビットコインの保有量(口数)を積み上げていき、長期保有することで利益を確定するタイミングをしっかりと待つことができます。

すべての人にとって、ビットコインの購入方法にドルコスト平均法を採用することで運用パフォーマンスが劇的に向上します。


「ビットコイン積立で成功できるたった1つの投資戦略」に戻る